知っていますか?諸費用Ⅲ

家を建てようと思っている方であれば、
家づくりでは『諸経費』と呼ばれている
“銀行にかかる費用”“火災保険費用”“登記費用”の3つの費用が、
かかってくるくることはご存知だと思いますが、
この『諸経費』の中身まで一つ一つ理解するとなると、
なかなか難しいことであります。



こんにちは!
松岡です。



これらの費用は、だいたい100万円〜150万円ぐらいだと
本やネットでは、ざっくりと説明されていることがありますが、
選ぶ銀行や住宅ローン、それから火災保険の内容や年数などによって、
かなり大きく違ってくるので、一つ一つ理解していただき、
正確に計算していくことが大切になってきます。



ということで、まずは一つ一つ理解していただければと思います。



1.銀行にかかる費用



✔️保証料

もしあなたが住宅ローンの返済が
出来なくなってしまうようなことがあった場合、
保証会社にあなたに代わって住宅ローンの残代金の支払いを
肩代わりしてもらうために支払う費用です。
その費用は、銀行によっても違ってきますし、
審査結果によっても違ってきます。
また、人によっても違ってくることもあります。
支払い方法は一括支払いと分割支払い(金利上乗せ)があり、
どちらでも選ぶことが出来ます。
フラット35では、この保証料はかかりませんが、
その代わりに融資手数料という費用が発生します。



✔️事務手数料

保証会社取扱手数料のことです。
30,000円(税別)という設定をしている銀行が多いです。



✔️印紙代

お金を貸し借りするための契約書である、
金銭消費貸借契約書に貼る収入印紙の費用です。
20,000円の印紙を貼ります。



✔️融資手数料

フラット35にかかってくる手数料ですが、
フラット35に限らず銀行が取り扱う全期間固定の商品の場合にも、
かかってくることがあります。
この金額も、保証料同様に窓口となる銀行によって違ってきますが、
銀行が取り扱う全期間固定の商品を選ぶ場合、
先程の保証料が同時にかかってくるため、
どうしても銀行への支払い負担が大きくなってしまいます。
ですから、その場合保証料と同様に、
一括支払いと分割支払い(金利上乗せ)を選ぶことが出来ますが、
どちらも分割を選んでいくとなると、住宅ローン金利がかなり高くなり、
利息の支払い額がどんどん膨れ上がることになるので、
そのバランスを考えながら選ぶことが大切になってきます。



✔️つなぎ融資費用

フラット35を利用する際にかかってくる費用です。
フラット35は、家が完成した後で実行される融資であり、
銀行のように、土地決済時、着工時、上棟時、完成時というふうに
その時その時に応じて実行してくれません。
ですから、それらの費用の立替えを、
つなぎ融資として窓口となる銀行にしてもらうようになります。
もちろん無償でしてくれるわけじゃなく、
手数料もかかれば立替え期間の金利も発生するし、
つなぎ融資の金銭消費貸借契約をする場合には、
収入印紙もかかってくるようになります。
手数料額、金利ともに銀行によって異なりますし、
もちろん立替えしてもらっている期間によっても
かかってくる費用が異なってきます。
ということで、フラット35を選ぶ時には、
それらの額がいくらかかるかも考慮する必要がありますし、
タイミングや工期も考えながら住宅ローンを組む必要があります。



✔️団体信用生命保険

フラット35を利用する際にかかってくる費用です。
銀行独自の商品の場合は、住宅ローン金利の中に
この生命保険料が含まれていますが、
フラット35の場合は金利の中に含まれておらず、
別途費用を支払って加入していただくようになります。
その際、フラット35を取り扱う住宅金融支援機構が
ご用意している団体信用生命保険に加入してもいいし、
民間の生命保険会社でもしものための死亡保障に加入しても
なんら問題はありません。
フラット35の団体信用生命保険に加入する場合は、
年払いで毎年1回支払っていただくようになりますが、
初年度分の保険料が、融資手数料やつなぎ融資金利とともに、
融資額から差し引かれて実行されることになるので、
もちろん資金計画に組み込んでおく必要がある経費です。



以上が、銀行にかかってくる経費となります。
まー、これらの費用の全てが、
住宅ローンを借りる誰もにかかってくるわけじゃなく、
選ぶ住宅ローンや銀行によってバラバラですから、
目先の金利だけじゃなく、これらの費用もことも考慮しつつ
住宅ローン選びをしていただければと思います。



それでは、今回はここまでで、
続きは、また次回お伝えしていきますね。



それでは、、、


注文住宅・増築・リフォーム・ゼロエネルギー住宅(ZEH)・古民家再生・外構工事・健康住宅・アレルギー・シックハウス対策
地域密着だから、手頃な価格でワンランク上の住まい作りを実現!
住まいのことなら何でもご相談ください!
http://matsuokajuuken.com/ ←松岡住研ホームページ
Tel.0795-20-6961  mail:dk-katsushi@amail.plala.or.jp 

知っていますか?諸費用Ⅱ

家づくりでは、本やネットに載っている土地や家の金額以外に、
思っている金額を遥かに凌ぐ費用が必要になってきます。



そして、それらの費用の把握の甘さが、
家づくりで予算オーバーして失敗してしまった・・
と後悔する最大の要因と言っても過言ではありません。



ですから、家づくりを始める前に、
これらの費用を把握することが大切となります。

こんばんわ、、松岡です!



では、これらの費用を把握していただくために、
前回の続きを今回もお伝えしていきたいと思います。



前回は、土地に付随してかかってくるであろう費用について
お伝えさせていただいたので、
今回は、家に付随してかかってくるであろう費用について
お伝えしていきますね。



まず、この家の費用というのは、
とっても把握しにくいものであります。
なぜなら、住宅会社によって見積書に含まれる費用の範囲がバラバラだからです。



例えば、設計費用や地盤調査費用といった
いわゆる本体費用以外の“付帯費用”まで含んだ金額で、
家の価格を伝えてくれる会社もあれば、
それらの“付帯費用”を全く含んでいない金額でしか
家の価格伝えてくれない会社もあるということです。



そして、それらを家づくりに対する知識がない状態で
見極めることは極めて難しいことですから、
ある程度、家がどのような要素で成り立っているのかを
理解していただくことが、
『後で余分な費用が必要になって困った・・』
という最悪の事態を防ぐ上でとっても大切なことであります。



では、お伝えしていきますね。



✔本体工事費用

これが、基本的に本やネットに載っている家の費用です。
これらの中には、下記に説明するような費用が
入っていない場合がほとんどですから、
坪単価表記や総額表記が驚くほど安かったとしても、
実はふたを開けてみると全然安くなかった・・・
という現実に後ほどぶち当たることになります。
あくまで、家が建つだけの最低費用であり、
これで家が建つわけじゃないので、
安さに騙されて飛びつかないように注意が必要です。
以下“付帯工事費用”を分解してお伝えしていきますが、
住宅会社によって、この付帯費用もどこまで含まれているかが
違ってくるので一つ一つご理解していただければと思います。



✔設計費用

プランを作成してもらい、配置図や平面図、立面図、
それから立体パースなどを作成してもらう費用、
そして建築確認申請書類作成費用などの費用です。
確認申請や建築途中&建築終了時の検査時の証紙費用なども、
ここに含まれているケースが多いと思います。
(フラット35を利用する場合は、これと別途で申請費用や、
適合証明書発行手数料などが別途必要になりますし、
市街化調整区域の土地を購入する際には、建築確認申請の前に、
建築許可申請をしなければいけない場合があるので、
その際には別途申請費用が必要になってきます)



✔地盤調査&保証費用

家を建てる時には、絶対に地盤調査をしなければいけません。
瑕疵担保保険をかけるための必須項目となっているからです。



✔地盤改良費用

地盤調査の結果、地盤に不安がある場合、
深さによって工法は異なりますが、
地盤改良をしなければいけない場合があります。
比較的表層が弱い場合であれば、
表層改良だけで済むので費用負担は少ないですが、
深い部分の地層が弱い場合は杭打ち工事をしなければいけないので、
深さによって費用は異なりますが、
けっこう高額な費用がかかってくるようになるので、
絶対に資金計画には組み込むことをオススメします。



✔仮設工事費用

仮設足場、仮囲い、仮設電気、仮設トイレ、仮設水道、
といったような家を建てる工事のために必要となってくる費用です。



✔浄化槽工事

下水道が整っていない地域は、
前面道路の側溝に排水を流すようになるのですが、
トイレの汚水やお風呂・洗面・キッチンなどの雑排水を
そのまま流すのでは困るので、一旦敷地内に据えた浄化槽で、
きれいにしてから流すようになります。
その浄化槽を設置するための工事費用です。



✔屋外給排水工事費用

水道工事は、家の中と外の両方あるのですが、
家の中の水道工事費用は本体価格に含まれ、
外の水道工事費用は含まれないという、
なんともややこしいルールがあります。
道路までの距離や家の大きさによっても異なります。
また、上水道や下水道の申請費用なども、
別途費用としてかかってくる場合があるので、
住宅会社にキッチリ確認するようにしてください。



✔カーテン・照明器具

カーテン費用は、設計する家や窓の取り方によって、
あるいはどこで購入するかによって大きく異なってきますが、
想像以上に高額なので、資金計画に組み込むことを忘れないようにしてください。
また、照明器具も住宅会社によって、
どこまでの範囲が入っていて、どの程度の商品で考えているのか
がバラバラなので、事前に住宅会社に確認しておくことが大切です。
照明器具も選ぶ商品によって金額にバラツキがあるので、
商品を選ぶ時には細心の注意が必要です。



✔エクステリア工事費用(外構費)

庭の工事にかかってくる費用です。
これも土地の広さや形状、それから建てる家の大きさやデザイン、
そしてどの程度のご要望をお持ちなのかによって、
ものすごく費用にバラツキがあります。
目安としては、最低限に抑えたい方であれば、
土地の坪数×1万円(税別)ぐらいで大丈夫だと思いますが、
こだわりたいとお考えの方であれば、
土地の坪数×2万円〜3万円(税別)ぐらいは庭代として
予算計上しておくことをオススメします。



とまあ、付帯工事費用として
これだけの費用が掛かってくることになります。
これらを合わせていくと数百万円になるので、
これらの費用も含めた上で建てる家の大きさや間取りを
考えていかないと後から大変な目に遭うことになってしまいます・・・



また、本体工事に関してですが、
住宅会社によって建てる家の性能であったり、
使う材料であったり、標準としている水回り商品がバラバラだったりします。
ですから、それらをしっかり確認した上で、
資金計画を行い間取りプランしてもらうようにしていただければと思います。



では、今回はこれで終わります。
次回は諸経費と呼ばれる費用についてお伝えしていきたいと思います。
どうぞお楽しみに、、、



それではまた!


フルオーダー注文住宅・増築・リフォーム・ゼロエネルギー住宅(ZEH)・古民家再生・外構工事・健康住宅・アレルギー・シックハウス対策
地域密着だから、手頃な価格でワンランク上の住まい作りを実現!
住まいのことなら何でもご相談ください!
http://matsuokajuuken.com/ ←松岡住研ホームページ
Tel.0795-27-0803  mail:dk-katsushi@amail.plala.or.jp 

寒くない家にする為の秘訣とは?

私は月に何度か県外の工務店経営者様の事務所やセミナーなどによく参加するのですが、
全国どこにおじゃましても、お客様の家づくりをより良いものにしようとされるその真摯な姿勢に、
私も刺激と感銘を受けます。



これからも、よりご満足いただけるお住まいをご提供できるように、
全国の工務店の仲間と共に、精進していこうと改めて心に誓いました!

おはようございます、 専務の松岡です。



さて、早速ですが、
今回は、前回に引き続き『寒くない家にするための秘訣』について、
お伝えしていきたいと思います。



まずその秘訣とは何か?



それは『家をコンパクトにする』ということです。



4人家族であれば、平屋なら25坪〜28坪ぐらいで、
2階建てなら27〜30坪ぐらいではないでしょうか?



多くの方が『そんな広さじゃ狭いらぁ〜』



って思われるかもしれませんが(笑)、
上手く設計すれば、これだけの広さが有れば、
それぞれの部屋も充分な広さが確保出来ますし、
広さのイメージとは裏腹に、収納も思っているより
たくさん確保することが出来ます。
でも、実際設計に入るとこれだけの広さで納めることは、
思っている以上に難しいものでもあります。



なぜなら、どうせせっかく家を建てるなら
誰もがあれも欲しいこれも欲しいとなってしまうでしょうし、
実際見学してきた家も大きい家が多かったでしょうし、
さらに、親や友人からも大きくした方がいいんじゃないか?
と言われるからです。



ですから、この壁をクリアするために、
『資金計画』を最初にすることが大切になってきます。



なぜなら『資金計画』を最初にすると、
家に一体どれくらいの予算を費やしていいのか?
が具体的かつ現実的に分かるようになるからです。



そして、その現実的な計画をもとに家づくりはしていくべきです。



家をコンパクトにすることは、
実はたくさんのメリットが存在します。



まず『冷暖房の効きが良くなります。』



そしてそうなると『光熱費の出費が確実に少なくなります。』



そして『家の中に温度差が出来にくくなり快適に過ごせるようになります。



また『家の価格も抑えることが出来るようになります。』



そして同時に『固定資産税も抑えることが出来るようになります。』



もちろん一番のメリット
『住宅ローンの借入額も減らすことが出来るようになります。』



そうしたら当然、
『銀行への利息の支払いも抑えることが出来ます』よね!



さらに居住的な観点からお伝えすると、
家事の中で一番大変な『掃除の手間が少なくて済みます』し、
そして面積カットのために使わない無駄な部屋を作らなければ、
『家が傷みにくくもなります。』



まぁ、ただ家をコンパクトにするためには、
広さと収納を犠牲にせず、
さらに広い空間に感じられるような工夫をしなければ、
文字通りただ予算をカットしただけの狭くて不便な家になってしまいます。



また、老後を迎えた時にとっても暮らしにくい家になってしまいます。

その点だけには注意しなければいけませんが、
家に予算を掛け過ぎることは決して賢明な選択ではないので、
まずは『資金計画』からすること、
そして、その予算の中で出来る家にすること、
この2点を頭に入れつつ家づくりをしていただければと思います。



そうすることで、同時に寒くない家にしやすくなるはずですからね。



是非参考にしていただければと思います。



ではでは(^ ^)/

朝起きるのが楽になる家づくりとは?

今年寒い冬が過ぎ、桜の咲く季節が終わり・・・ついに、   ついに熱い夏がやってきますねーーーー(*´▽`*)
っといってもまだジメジメの梅雨が待ってますが。 
夏に喜んでいたのは日焼けが好きだった10年以上前の話し。。。w

この業界に携わってからのこと、夏があまり好きではないのです。  だって熱いから( 一一)

やっぱり春か秋が一番過ごしやすいですよね! ♪



長い冬、といっても今年も例年通り過ぎてみれば暖冬だったのですが、
新しい環境で人生のリスタートを切る方も多く、
朝起きるのが大変で苦労されている方も多いのではないでしょうか?



おはようございます。
専務の松岡です!



季節は夏になりましたが、
新しい環境に生活を合わせなくてはならなく、
中には体内時計が狂ってしまって、
朝が起きられなく辛い思いをしている方がいると思います。



比較的朝に強い私自身も、
仕事があって気が張っていれば寝過ごすことはないんですが、
すっかり気が緩んでしまっている休みの日なんかは、
1時間以上起きる時間が遅くなってしまいますからね。



ということで、今日は、
“朝起きるのが苦手だ”という方に、
朝起きやすくなるための2つの方法をお伝えしたいと思います。



朝起きられない原因として”低血圧”がよく言われますが、



実は、低血圧と朝起きられないのは、
医学的に見ても、それほど相関関係がないらしいですね。



では、朝起きられなくなる原因はなにかというと、



①人は夜になると体温が下がり、
朝になるにつれて体温が上がってくるので、
気温が低い場合、熱を十分につくり出せない人は、
朝の体温上昇が鈍くなり、なかなか起きられない・・・



②冬の日の出が遅いため、
光が差し込む時間が遅くなり、
起床・活動・睡眠のリズムをつくりだす
体内時計がうまく働かず起きにくくなる・・・



この2つの理由からみたいです。
それでは、この2つに対応するそれぞれの方法について
ご説明していきますね。



まず①についてですが、
“家を高断熱化する”ということが大切になります。
高断熱化することで、外気の影響を受けにくくなります。
そしてそれに加えて、高気密化することで、
暖房機器で暖めた熱を外に逃がしにくくします。
こうすることで家の中の温度をコントロールできるようになり、
結果、家の中を快適な空間に保ちやすくなります。



そして、寒い冬でも、朝起きる時に、
寝室の温度が比較的暖かい状態であれば、
体温自体もそれほど下がることがないので、
朝起きやすくなります



ただ“家を高断熱化する”というと、
それだけで全く暖房機器を使わなくても、
家の中が暖かくなると思っている方がいらっしゃいますが、
決してそのレベルまで到達するわけではないので、
その点は注意していただければと思います。
あくまで、高断熱高気密化の目的は、
家の中の温度をコントロールしやすくし、
暖房器具に使う電気代を節約できるということですからね。



また、自然の太陽の熱をたっぷり家の中に入れることで、
暖房機器を使わなくて済むなんてことも言われていますが、
自然の力は人間ではコントロールすることは難しく、
また、直射光を家の中に入れようと思うと、
カーテンを全開にしていないと無理なわけで、
そうしようと思えば、設計から工夫して、
プライバシー性にも配慮しないといけないわけですから、
これも基本的には難しいということも理解しておいてくださいね。



そして、②についてですが、
これはとっても簡単なことで、
“寝室の東側に窓を設けることです”



ごく当たり前のことかもしれませんが、
こうすることで、朝日がたっぷりと射し込んでくるので、
自然の光で目を覚ましやすくなります。



でも、せっかく大きな窓を作っても、
カーテンで塞いでしまっていては意味がないので、
寝る時には、その点に注意していただければと思います。



以上の2点に配慮することで、
ずいぶんと朝起きやすい家になると思います。



まだまだ築浅の賃貸のアパートに暮らしていると、
家の中がそれほど寒くないでしょうから、
このご説明もイマイチ理解しにくいかもしれませんが、
家を建てたら、体積が今に比べて大きくなるわけですから、
ずいぶんと部屋と部屋によって温度差が出来やすくなり、
寒さを感じるようになります。



その一つの防御方法として、
今回の内容を参考にしていただければと思います。
それに加えて、もう一つ取り入れていただければ
もっと寒くない家にすることができると思うので、
次回は、この点についてお伝えしたいと思います。



ではでは(^ ^)

不動産屋さんとの上手な付き合い方

土地から家づくりを始められる方にとって、
その予算を決める良い方法は、まずは資金計画から!



これは口が酸っぱくなるほど、何度も皆さまにお伝えしていますが、
そうは言ってもいろんなケースがある訳で…。



例えば、土地を自己資金で購入出来る、
または土地代の半分でも出せる自己資金を持っていれば、
販売と同時に売れていくような、
誰でも狙っている人気の土地を購入しても問題ないと思います。



しかし、そうでない方は、
そんな土地を購入することはオススメ出来ません。



それは、予算オーバーする可能性が非常に高いからです。



そのシワ寄せは、これから始まる肝心の家づくりに、
または、建てた後の住宅ローン返済にのしかかってくるからです。



家を建てるために買ったはずの土地が、肝心の家づくりや、
住み始めてからの生活を犠牲に成り立つのでは本末転倒です。



それなので、自己資金をあまり持っていない方が、
土地購入からの家づくりをしようと思っている場合は、
土地の予算を資金計画によって上限を決める必要があります。



そうしなければ、家づくりやマイホームへの入居後の生活に
大きな負担となってしわ寄せが来てしまいますからね。



おはようございます!
松岡です。



これらのリスクを回避しつつ土地探しを行うためには、
不動産屋さんと建築屋さんの両方の協力が必要となってきます。



それでは、不動産屋さんにはどのような協力してもらうのか?



不動産屋さんには、
まず法律で決められている仲介手数料をしっかり支払う事で、
土地の持ち主である売主さんに対して
価格交渉をしっかりしてもらいます!



そもそも土地探しだけでなく、
家づくり自体を資金計画から始めるべきであると、
口うるさいくらい、いつもいつもお伝えしていますが、
その資金計画から導き出された土地予算の中で土地を探し始めます。



でも、たいていの場合、
それはとってもシビアな予算だからということもあり、
土地代の他に仲介手数料やら登記代やら、
水道加入金やら境界工事やら固定資産税清算金やら、
もろもろを合わせていくと、
確実に資金計画で導き出した予算をオ―バーすることになってしまいます。



そこで、活躍していただくのが不動産屋さんです!
出来る限り予算に近づくように、
売主さんにしっかりと価格交渉してもらうということですね。



実際、すぐに売れてしまうような土地の場合には、
価格交渉は不可能でしょうが、
(交渉した途端に他の人に取られてしまいますからね)
そうじゃない土地であれば、
比較的価格に弾力性がある場合がほとんどです。



つまり、買い手が有利に交渉が進めやすくなるということです。



しかし、土地価格が安くなれば、
それに比例して不動産屋さんの仲介手数料は、
少しですが安くなっていってしまうので、
ここで一番大切な事は、しっかりと不動産屋さんには、
価格交渉をしてもらったお礼として、
仲介手数料をケチることなく払うということも覚えておいてください。



こうすることで、出来る限り
資金計画で導き出した予算に近い状態で、
あるいはその予算の中で、
あなたの家づくりにピッタリと合った土地を購入する事が出来ます。



しかし 、そのためには建築屋さんの協力も必要なわけでして(笑)



ということで次回は、
建築屋さんには土地探しにどのように協力してもらうのか?
ということについてお伝えしていきたいと思います。



ではでは…。



注文住宅・増築・リフォーム・ゼロエネルギー住宅(ZEH)・古民家再生・外構工事・健康住宅・アレルギー・シックハウス対策
地域密着だから、手頃な価格でワンランク上の住まい作りを実現!
住まいのことなら何でもご相談ください!
http://matsuokajuuken.com/ ←松岡住研ホームページ
Tel.0795-27-0803  mail:dk-katsushi@amail.plala.or.jp