土地選びで大切なことの1つ

台風も過ぎ去りそろそろ猛暑から少し遠ざかりたいところですが、まだまだこの暑さ、続きそうですね(;´∀`)

こんにちは、松岡です。

今回は土地選びについてお話させていただきます。

土地選びをされるにあたり、気になる点は?
という質問に対する答えは様々あるのではないでしょうか。

・交通の便
土地の向きや立地条件
土地の形状
・陽当たり
・エリア
・金額
など…
あげたらきりがありません。

購入した土地を駐車場として使用されるのであれば
条件はグッと減らされます。
しかし皆様はこれからずっと住まう家を建てるのです。
しかも気軽に買い替えもできません。

慎重になるのも当然です。

ですが土地の形状や向きは設計の力で改善できます。
又、エリアも「住めば都」という言葉通り、人には順応力があるのです。

今回は土地探しをするうえでの忘れがちなポイントを
お話しさせていただきます。

『どんな人が近所に住んでいるのか?』ということは、
土地購入を目前に控えた誰もが気になることだと思います。

ですから、土地を契約する前に、
必ず購入しようと考えている土地の周辺を、
自分自身でリサーチすることをオススメしているわけですが、
その際、より注意を払っていただきたいポイントがあります。
それは『北側に建っている家に住まれているのはどんな人たちなのか?』です。
なぜなら、あなたが家を建てたなら、
その家は確実に日当たりが悪くなり暗くなってしまうからです。
そしてそうなれば、
なんらかのトラブルが起こってしまうかもしれないからです。

あまり、詳しくお伝えは出来ませんが、
過去にこういったコトが起こりました。
それは、、、

北側に建っている家の方が、
無理難題を言ってきたということです。

あるケースでは、
『すでに工事にかかっている家を前に寄せろ』と言ってきました。
また、あるケースでは、
『リビングの中が丸見えになるから目隠しを設置しろ』と言ってきました。

しかし、いずれの場合も、
出来る限り北側にスペースをとっていましたし、
もちろん法令にも全く違反もしていませんでした。
むしろ、よりいっそう配慮していたぐらいです。

でも、コチラ側の最大限の配慮も、
そういった方たちには全く理解をしていただけませんでした。

そして結局、これから先の暮らしやお付き合いのコトを考えたらと、
どちらのお施主様も、なんらかの譲歩をせざるを得なくなってしまいました。
なんの責任もないのに・・・

ですから、北にすでに家が建っている土地を購入する際には、
しすぎるぐらい注意するに越したことはないということなんですよね。

ですが、この話は逆の立場としてもまた、
考えておかなければいけないことでもあります。

もし、あなたが購入を考えている土地の南側には、
今現在はなにも建っていなかったとしても、
そこが田んぼや畑だとしたら、
もしかしたら将来的にそこには家が建つことになるかもしれません。
そして、そうなれば間違いなく日当たりが悪くなり、
家の中が暗くなってしまうことでしょう。

しかし、そうなってから、
南側の土地を購入し家を建てる方に、文句を言ったのでは、
お互いが気まずくなるだけでなんの良いこともありません。

ですから、そうならないように、
家を建てる時点で、そうなるかもしれないことを想定しつつ、
設計プランを練るようにしなければいけないんですよね。

もし、あなたが土地購入から家づくりをしなければいけないのであれば、
そういったことにも配慮しつつ、
土地選びや家の設計をしていただければと思います。

そして、特に北側に建っている家の方がどんな方なのか?を
しっかりとリサーチすること、
それから家の着工までに良い関係性をつくるようにすること、
この2点を心がけていただければと思います。

その土地は、あなた自身が一生住むことになる土地ですからね。
その一手間を惜しむようなことだけはしないで下さい。
ぜひ、参考にしていただければと思います。

ではでは。


注文住宅・増築・リフォーム・ゼロエネルギー住宅(ZEH)・古民家再生・外構工事・健康住宅・アレルギー・シックハウス対策
地域密着だから、手頃な価格でワンランク上の住まい作りを実現!
住まいのことなら何でもご相談ください!
http://matsuokajuuken.com/ ←松岡住研ホームページ
Tel.0795-20-6961  mail:dk-katsushi@amail.plala.or.jp 

トラックバック一覧

コメント一覧

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する