かけ出しをキレイさっぱり!!

こんばんは、早や2月になり寒さも増し朝もすぐに起きれない毎日。。。

2月1日は一夜正月、もしくは重ね正月と呼ばれています。

お正月から一ヶ月たったこの日になぜ「正月」という言葉が使われるのでしょうか?

数え年では正月に年令がかわりますが、2月1日は正月後、最初の朔日(さくじつ=一日)であることから2度目の正月として、

厄年(やくどし)の人に仮に1つ歳をとらせ、早く厄年をやり過ごそうとする風習が広く行われていたそうです( ・`д・´)

厄年の風習は平安時代ころからあったと考えられていますが、一般的に広まったのは江戸時代に入ってからだそうです。

そのころから厄祓いの習慣も広まってきてお正月や節分などに盛んに厄祓いが行われたようです。

この厄年とは、災難や障りが身に降りかかりやすい年のことで、一般的には数えで男性は25歳・42歳・61歳、女性は19歳・33歳・37

歳が厄年にあたります。もともと厄年の「ヤク」とは「役目」の「役」のことで、共同体の中で重要な役割を担う

年齢のことであったのが、特に神事に関わる役目を担うことから、厳重な物忌みなどが求められて、

次第にもとの意味を失い、身を慎む習慣が残ったという説もあるようですね! 

物事には色々な説がありますがちゃんと理由があるんですね。 これからも色々と調べてみたいとおもおいます(´・ω・`)


ところでここ最近は屋外での仕事が多いと言いましたが、お次はかけだしの屋根張替と鉄骨のペンキ塗りですよ♪

ファイル 2018-01-27 14 50 00    ファイル 2018-01-27 14 50 13

サビ付いたところを全てワイヤーブラシで擦りキレイに下処理してからの塗装にかかります!

ペンキが乾いたらお次は屋根のポリカ(ポリカーボネート)貼りです(*^^*)

ここでも悪天候天候に揺さぶられながらなんとか施工完了です!!

ファイル 2018-02-01 21 03 48


キレイになると気持ちがイイ(*´▽`*)w


注文住宅・増築・リフォーム・ゼロエネルギー住宅(ZEH)・古民家再生・外構工事・健康住宅・アレルギー・シックハウス対策
地域密着だから、手頃な価格でワンランク上の住まい作りを実現!
住まいのことなら何でもご相談ください!
http://matsuokajuuken.com/ ←松岡住研ホームページ
Tel.0795-27-0803  mail:dk-katsushi@amail.plala.or.jp